Sound of India banner
 

 
  Web
SoundOfIndia
  

Article: Voice Lesson 1: The Beginner's Guide

 
By Haresh Bakshi
 
 
 
 

1.0  History

History of Indian music, lost in antiquity, is so interwoven with mythology and legends, that it is surrounded by misconceptions and mystery. In spite of this, Indian music has maintained it's characteristics in it's highly developed melodic and rhythmic structure. Traditionally, the history of Indian music is divided into three periods. They are:

[1] The Ancient period (6000 BC? to between 200 BC and 400 AD)
[2] The Medieval period (400 AD to 1500 AD)
[3] The Modern period (1500 AD onwards)

2.0 Concepts

2.1 Naada, shruti, swara [Musical sound or tone, microtone, note]

  Naada is a musical sound. It is a series of regular vibrations in a medium like air (as opposed to irregular vibrations, which would be heard as noise).  The frequency of a vibration decides the pitch of the sound it represents (how high or low the sound feels to the ear).  The frequency is reported in a unit called Hertz (Hz).  The frequency range of a sound the human ear can hear is 20 Hz to 20,000 Hz.
Now, as an example, take a sound (or tone) having a frequency of 100 Hz.  Another sound, having twice the frequency, that is, 200 Hz, will sound the same.  But it will sound 'higher'.  The frequency ratio 200:100, which is 2:1, represents what is called an octave.  The number of sounds that the human ear can hear, in an octave, is infinite.  But the number of sounds that it can discern, differentiate, or grasp, is 22. They are called shruti-s (microtones).  Shruti has been variously translated as: microtone, microtonic interval, interval, step etc. It is mainly determined through fine auditory perception
So, to continue with our example, there exist 22 shruti-s, starting with the first shruti on the starting point of 100 Hertz.  Taking the sound represented by 100 Hz as the point of reference, we get 22 ratios.  The 23rd ratio takes us to the sound represented by 200 Hz. These ratios are called intervals.  The intervals are measured in relation to the reference sound (100 Hz in our example). The octave is represented by the ratio 200:100, or the interval 2:1.  This sound of reference is called tonic, key, or "Sa", etc.  In Indian musical terminology, it is known as shadja, "Sa" for short.  It is represented by the symbol S.  Out of the 22 shruti-s, 7 are selected to form a musical scale. The tonic is fixed first, followed by 6 more shruti-s to form a 7-ladder scale.  These 7 sounds, or tones, are called swara-s (or notes). The tonic, in our example, would fall on the sound represented by 100 Hz.  This would be our "Sa (S)".  The Sa would be followed by 6 more notes, 7 in all.  The 8th note, the sound represented by 200 Hz, would sound like the tonic, but it would sound "higher".  The 7 notes form the "saptaka" of Indian music; the 8 notes-- the eighth note being the "higher" Sa -- form the "octave" of the Western music.  The seven notes are named as follows:

  shadja, "Sa" for short, symbol S; rishabha, "Re", R; gandhara, "Ga", G; madhyama, "Ma", m; panchama, "Pa", P; dhaivata, "Dha", D; and the 7th, nishada, "Ni", N.
  For convenience, let us call the Western musical note, C, as our tonic, the "Sa".  Then the seven notes would be: C, the "Sa"; D, "Re"; E, "Ga"; F, "Ma"; G, "Pa"; A, "Dha"; and the 7th, B, "Ni".The first and the fifth notes, namely C (Sa) and G (Pa), are regarded immutable  ("achala").  The remaining 5 notes have two states each.  Thus we have 12 notes in an octave.  The 12 notes are designated short names and symbols as under:
 
#
Name
Symbol
Indian
Symbol
Western
1
Sa  shuddha (natural)
S
C
2
Re komala (flat)
r
D flat
3
Re shuddha (natural)
R
D
4
Ga komala (flat)
g
E flat
5
Ga shuddha (natural)
G
E
6
Ma shuddha (natural)
m
F
7
Ma teevra (sharp)
M
F sharp
8
Pa shuddha (natural)
P
G
9
Dha komala (flat)
d
A flat
10
Dha shuddha (natural)
D
A
11
Ni komala (flat)
n
B flat
12
Ni shuddha (natural)
N
B

 
  The octave can be divided into two equal parts:  the lower tetrachord, consisting of C-D-E-F, and the upper tetrachord, made up of G-A-B-C.  This last-mentioned C has the interval 2:1 with the first C in the lower tetrachord. The lower tetrachord is called "poorvaanga" (poorva + anga), the upper tetrachord, "uttaraanga" (uttara + anga) in Indian musicology.  Further, Full expression of Indian music requires up to 3 octaves.  They are: the "mandra saptaka" (lower octave), the "madhya saptaka" (middle octave), and the "taara saptaka" (higher octave). Note:  The notes in Western music use the tempered scale, while in Indian music the notes use the natural harmonic scale.   

2.2 Thaat  [Scale]

A thaat (scale) is a 7-ladder scale, made up of 7 primary notes.  A thaat must contain all 7 notes, each in any one of the "shuddha", "komala", or "teevra" state. The word thaat is synonymous with "mela". We have the following 10 thaat-s, with their names and the included 7 notes in each:
 
 
Thaat
Notes
1
Bilawal
S-R-G-m-P-D-N
2
Khamaj
S-R-G-m-P-D-n
3
Bhairav
S-r-G-m-P-d-N
4
Kafi
S-R-g-m-P-D-n
5
Asavari
S-R-g-m-P-d-n
6
bhairavi
S-r-g-m-P-d-n
7
Kalyan
S-R-G-M-P-D-N
8
Marva
S-r-G-M-P-D-N
9
Poorvi
S-r-G-M-P-d-N
10
Todi
S-r-g-M-P-d-N
11
*Kirvani
S-R-g-m-P-d-N
* Added, being important as the harmonic minor scale.
                           
Each Thaat is a group of seven notes from which raga-s have been formed (or can be formed).  The musicians perform raga-s, never thaat-s.  Note:  The notes in Western music use the tempered scale, while in Indian music the notes use the natural harmonic scale.
The names of these thaat-s happen to be the very names of raga-s, too.  But a thaat does not have any aesthetic value.  So it is never performed.  On the other hand, a raga has aesthetic appeal, and is performed by musicians.

2.3  Raga  [Sometimes translated as "Mode", though imperfectly]

The concept associated with the term" raga" is highly developed and complex.  It defies any definition or description. We can, at best, enumerate some of the characteristics of the raga.  Even then its concept eludes us.  The only way to grasp the concept of the raga is to listen to its development over prolonged periods of time and repeatedly.  It is like learning a new language:  However enjoyable, it requires consistent and continuous effort.  Let us take up some of the characteristics of the raga:
1.  The raga must be aesthetically pleasing.  It must delight the heart  of the listener.  It must be capable of existing in its own right, as an individual entity, with unique aesthetical value.
2.  The development of a raga is. in principle, constant attainment of aesthetic tensions, followed by resolutions, through various degrees of sonance (consonance and dissonance).  This is achieved by the use of the permissible notes, singly or in combination, through the movements in three octaves.  There are regulations that govern these movements.
3.  Basically, a raga is capable of being developed into an infinite number of melodic patterns, following certain guidelines.
4. A raga should be capable of being classified into one of the thaat-s.
5. A raga cannot be formed out of less than 5 notes.  "Sa" has to be present as the reference note.  Both "Ma" (the fourth) and "Pa" (the fifth) cannot be simultaneously omitted from the raga.  So, it must have the following notes: SA; one of the Re or Ga; Ma or Pa; one of the Dha or Ni, Further, if only one of the Ma/Pa is present, the raga must include either both Re and Ga, or both Dha and Ni, so as to achieve a total of 5 notes.  
5. It cannot include two states (out of the three possible states: shuddha, komala, and teevra) of same note consecutively.
6.  The raga must follow the time theory.  This means that a raga can be performed only at its stipulated time of the day (or night, or a season of the year).

2.4  Classification of Raga-s

There are several ways in which a raga can be classified.  The clasification may be based on
(A) The number of notes which comprise the raga. We have three types: (i) "audava", with 5 notes; (ii) "shadava", with 6 notes; (iii) "sampoorna", with 7 notes.
(B) Tempo of movement.  (i)  "alapa-pradhana", if slow movement brings out the characteristics of a raga better; (ii) "taana-pradhana", if the raga sounds better in fast movement.
(C) The importance of the tetrachord in the development of the raga.  (i) "poorvanga-pradhana", if the development of the raga is more prominent in the lower tetrachord; (ii) "uttaranga-pradhana", if the development of the raga is more prominent in the upper tetrachord.
(D) Grammar and Syntax of the raga.  (i) "shuddha" (uncontaminated); (ii) "chhaya-laga", if it reminds the listener of another raga; (iii) "samkeerna", if it is a mixture of many raga-s.
(E) Nature of its movements.  (i) "satala", if its developmental movements are straightforward and plain; (ii) if the movements are complex and zigzag.

2.5  The Defining Elements in the Raga

The following elements define the grammar, syntax and aesthetics of a raga:
(1)  Graha.  It used to be the starting note of a raga.  It has lost its significance in today's improvised style of singing.
(2)  Amsha.  It is the most frequently used note in a raga. This term is not in use in today's music.
(3)  Nyasa.  It is the ending note in the performance of a raga.  Again, this term is not used much these days.
(4) to (8).  Taara, mandra, apanyasa, sanyasa, vinyasa.  These terms are not in use any more.
(9)  Alpatva.  It indicates very little use of a note (or notes) in a raga.
(10)  Bahutva.  It indicates very frequent use of a note (or notes) in a raga.  It is effected by either repeated use of a note, or by emphasing and prolonging a note.
(11)  Tirobhava.  It means hiding the prominent features of a raga when perfoming it.
(12)  Avirbhava.  It means highlighting the prominent features of a raga when perfoming it. It is used to indiate showing the prominent features of a raga again, after hiding it (in tirobhava).
(13) to (16).  Vadi, samvadi, anuvadi, and vivadi.  These are treated separately in 2.6 below.

2.6  Vadi, Samvadi, Anuvadi, Vivadi [ Sonant, Consonant, Assonant,  Dissonant]

    Vadi.  It has been described as the King of the notes occuring in a raga.  It dominates the development of the raga, it is accentuated, it is emphasised.  The melodic patterns are woven around the vadi.  If it is located in "poorvanga"(the lower tetrachord), the raga is developed with greater emphasis in the lower tetrachord,  Similarly for "uttaranga" (the upper tetrachord).  See 2.4(C).  Also, if the vadi of a raga is located in the "poorvanga', that raga is performed at any time except the morning.  If the vadi of a raga is located in the "uttaranga', that raga is performed in the morning.
   
    Samvadi.  It has been given importance next only to the King (vadi).  Samvadi also enjoys great importance in the development of a raga.  If the vadi of a raga is located in "poorvanga"(the lower tetrachord), its samvadi will be located in the "uttaranga" (the upper tetrachord).  And vice versa.
    The samvadi is always a fifth or a fourth in relation to the vadi.  The relationship of the fifth is called "shadja-panchama bhava".  The relationship of the fourth is called "shadja-madhyama bhava".  Vadi-samvadi relationships exemplify perfect consonance.
   
    Anuvadi.  The notes occuring in a raga, apart from the vadi and the samvadi, are called anuvadi notes.  They bring the number of notes in the raga to atleast five.  They help in creating aesthetic tension, to be followed by resolution. (See 2.3, 2).  Sometimes. an anuvadi can have great importance, the same as, or next only to samvadi.  Such an anuvadi can be called "pranuvadi".  Very often, an anuvadi acts as the leading note, creating aesthetic tension, till it leads to "Sa" (especially in higher octave), resolving the tension.
   
    Vivadi.  They are the notes which do not occur in a raga.  However, quite often, a vivadi is included, in a specific way,  in the develpoment of a raga.  This is because a vivadi can embellish a raga by making it sound exceptionally charming.    

2.7  Aroha, avaroha [Ascending, Descending]

    Aroha is the successively ascending notes of a raga, starting on the tonic ("Sa"), and ending in the "Sa" in the higher octave.
    Avaroha is the successively descending notes of a raga, starting on the "Sa" in the higher octave.and ending on the tonic ("Sa"),  it is the opposite of aroha.
    Aroha-avaroha indicate the notes comprising a raga. They are useful in a very general way:  they do not specify characteristics of a raga.  In fact, it is possible for two raga-s to have the same aroha-avaroha, though the ragas may be totally different aesthetically.    

2.8  Jaati-s of a raga [Classification of a raga]

    As shown in 2.4 (A), a raga may be classified, based on the number of notes it contains.  Thus, we have three types: (i) "audava", with 5 notes; (ii) "shadava", with 6 notes; (iii) "sampoorna", with 7 notes.  Depending on the number of notes in the aroha, and in the avaroha, we derive the following nine theoretical classes:
    (i) audava-audava: 5 notes in aroha, 5 in avaroha.
    (ii) audava-shadava: 5 notes in aroha, 6 in avaroha.
    (iii) audava-sampoorna: 5 notes in aroha, 7 in avaroha.
    (iv) shadava-audava: 6 notes in aroha, 5 in avaroha.
    (v) shadava-shadava: 6 notes in aroha, 6 in avaroha.
    (vi) shadava-sampoorna: 6 notes in aroha, 7 in avaroha.
    (vii) sampoorna-sampoorna: 7 notes in aroha, 7 in avaroha.
    (viii) sampoorna-shadava: 7 notes in aroha, 6 in avaroha.
    (ix) sampoorna-audava: 7 notes in aroha, 5 in avaroha.       

2.9  Time Theory of Raga-s  [Time of Performance]

    According to the time theory, a raga can be performed only at a particular time assigned to it, out of 24 hours of the day, or, in some cases, a particular season of the year is assigned.  It is not clear why this is so; but the theory is strictly followed even today.  See 2.4 (C).  "poorvanga-pradhana" raga-s are sung during the time period 12 noon to 12 midnight.  "uttaranga-pradhana" raga-s are sung during the time period 12 midnight to 12 noon.  In addition, each raga has been assigned a particular "prahara" only in which it can be performed.  A "prahara" is 90 minutes.
   
    Timewise, the raga-s are divided into the morning raga-s, the midday/midnight raga-s, the twilight raga-s, and the night raga-s.  In this context, the following generalizations have been observed
    (i) Raga-s with shuddha Re (D), Ga (E), Dha (A) and Ni (B) are performed in the first quarter of morning or night.
    (ii) Raga-s with komala Ga (E flat) and Ni (B flat) are performed in the middle of the day or night.
    (iii) Raga-s with Sa (C), Ma (F), and Pa (G) as prominent notes, are performed in the last quarter of day or night.
    (iv) Raga-s performed from afternoon till midnight, contian teevra Ma (F sharp).
    (v) The raga-s with komala Re (D flat) and Dha (A flat), are performed at the twilight (morning as well as evening).  Such      raga-s are called "sandhi-prakasha" raga-s.  Also, they  often use both shuddha Ma (F) and teevra Ma (F sharp).
Note:  There are two exceptions : On being ordered by a King, and when learning from your Guru, you can perform any raga at any time.

2.10 Taal, Laya [Rhythm, Tempo]

Various terms associated with the rhythmic concept in Hindustani music are: taal (rhythm), matra (beat), sama, khali, taali, khanda (division), avartana (cycle), laya (tempo), Tempo types : vilambita (slow), madhya (moderate), and druta (fast), bol (mnemonic sounds), and theka (basic cycle of bol-s).

Taala is a rhythmic cycle (avartana).  It consists of a certain, fixed number of beats (matra).  A beat is the duration of silence between the first and the next count.  The count can be done by clapping, or counting numbers, or saying the sounds of the bol. The number of beats varies from one taal to another.  Each taal has a name.  For example, the taal called Teental, is a cycle of 16 beats. On completion of 16 beats, the counting starts again from 1 through 16.  And so on.  Counting is done at a uniform, steady pace.  If counting is slow, the resulting tempo will be slow (vilambita laya).  If counting takes place at a moderate speed, the tempo will be moderate (madhya laya).  Fast counting will result in fast tempo (druta laya).  The first beat of the rhythmic cycle is the most important one.  it is called the sama (pronounced like the word "sum").  A little beyond half way, another important beat occurs.  It is called khali.  It means "empty".  it is so called because it is assigned negative weight (taking something out).  Taali means clapping.  It occurs at different place(s), depending upon the taal.  The cycle of a taal is divided into parts, each part is called a khand.  The bol-s of a taal are a set on mnemonic sounds.  Some examples of bol-s are: taa, naa, dhin, tin, dhaa, dhin,etc.  They are the alphabets -- about 15 in number -- of the language of taal.  taal-s are played on percussion instruments like the tabla and pakhavaj,  Tabla is the most popular percussion instrument.
We can repeatedly play the bol-s of a taal, in a plain, simple way.  Playing like this is called theka.  Playing theka means playing just plain bol-s of a taal, without any embellishments.  In classical music, teental, with its variations like Punjabi and Sitarkhani, is the most popular taal.  Some other taals played are: Ektaal, Jhaptal, Jhumra, and Tilwada. The details: 

Taal # of Beats
Teental
16
Jhaptal
10
Ektal
12
Jhumra
14
Tilwada
16

There are, of course, several other taal-s and several other percussion instruments.
The percussionist, for example, a tabla player, can play a taal by way of accompaniment to a vocal  or an instrumental performance.  Or, he can play it as a solo performance.  In the two cases, the requirements are very different. and so also the styles of performance.  It is easy to follow these differences, if we frequently listen to tabla accompaniment and solo performances.  

Some other popular taals, used commonly, are:

Name of the Taal
Number of Beats
Dadra
6
Khemta
6
Roopaka
7
Keharva
8
Bhajan
8
Deepchandi
14

 
 
 
3.0 Vocal Music
 
3.1 Genres
  Every vocal performance is rendition of or based on some raag. However, there are several forms or genres of Hindustani classical singing. Each of them has a distinct identity and characteristics. Each one also requires certain exclusive skills to perform. A raag can be presented in any of these styles. Some popular genres of vocal classical music are described below :

§ Dhrupad An ancient style that is often used for religious or philosophical renditions. Dhrupad singers use syllables like Om, Nom, Tom etc. to develop the raag being performed. Dhrupad singing has its own special taals which are not used in other forms of vocal music, e.g., Chautala. Pakhawaj is used as percussion instrument to accompany a dhrupad performance, and not Tabla. Gamaks are used frequently in a dhrupad performance. There are four sub-styles of dhrupad, called four banis, e.g., Dagar-bani, Gauhar-bani, etc. Dhrupad is a dying art and there are very few remaining practitioners of it.
§ Khayaal By far the most popular style of vocal classical singing in the present era. Khayaal singing involves presenting a lyrical composition in classical style. Most vocal performances these days fall in this category. Khayaal is of two kinds - chhota khayaal and bara khayaal. The former is a small composition sung at a medium or fast tempo, usually to the accompaniment of a percussion instrument. The latter is a longer rendition that allows deep exploration and gradual expansive development of the raag being performed. A typical vocal performance involves a bara khayaal follwed by a chhota khayaal in the same raag. Khayaal singing is typically accompanied by Tabla as the percussion instrument. Besides using a lyrical composition to present a raag, khayaal singing involves the various ornaments (taan, meend, etc.) using aakaar (using syllable aa for all swaras) or sargam (using consonents for the corresponding swaras, i.e., Sa, Re, Ga, Ma, Pa, Dha, Ni).
§ Tarana Tarana singing does not involve any lyrics but instead uses syllables like tana, deem, oder, dir, tadiyan, etc. A tarana performance is usually at a faster pace than Khayal or Dhrupad. The percussion instrument used to accompany taranasinging is Tabla.
§ Thumri A light classical form of singing, usually set in Deepchandi taal (14 beats). Thumri singing usually involves lyrics with sentiments of lovers, like separartion, complaint, request etc.

 
3.2 Stages of a typical vocal performance
  A typical vocal performance includes two broad stages – aalaap followed by bandish in the same raag. Aalaap is the act of illustrating and developing the raag using aakaar and/or sargam. Aalaap doesn’t require any words or lyrics. At this stage the artist explores the swaras of the raag and gradually develops phrases and patterns. Bandish is a composition, i.e., rendition of lyrics in a raag. Bandish is usually set to a particular beat (taal). The tempo (laya) of a bandish increases gradually from slow (vilambit) to medium (madhya) to fast (drut). Very slow and very fast tempos are called ati-vilambit and ati-drut respectively.
 
4.0 Instrumental Music
 
4.1 Stages Of A Typical Instrumental Performance
  A typical instrumental performance includes four broad stages – aalaap followed by jor followed by jhaala, and finally gat, in the same raag. Much like in vocal singing, Aalaap is the act of illustrating and developing the raag swar by swar, and then phrase by phrase. (To be completed…)
 
5.0 Miscellaneous Terms
 
 
Naad Sanskrit for sound.
Ahad Naad Asound produced artificially, e.g., by striking, plucking, blowing,etc.
Anaahad Naad The natural sound energy pervading the universe which is not audible to humanear.
Harmony Whentwo or more notes are produced simultaneously and the combination sounds agreeable and pleasant. Indian classical music does not have the concept of harmony. Western classical music does.
Melody A sequence of individual notes (not simultaneous) that sounds agreeable and pleasant. Indian classical music is melodic. Western classical music involves melody as well as harmony.
Samvaadita When two swaras are produced simultaneously and the combination sounds agreeable and pleasant, it's called samvadita(consonance). Different combinations of swaras sound agreeable to varying degrees. The consonance of Sa and Sa (of two different saptaks) is the most agreeable and pleasant (highest concord), with Sa-Pa and Sa-Ma consonances following in descending order of concord.
Tirobhaav The act of an artist constructing and dwelling on phrases or patterns of swaras technically allowed in the raag being performed but not usually performed in that raag. By emphasizing the unusual and rarely heard phrases, the artist is in a way hiding the known and popular character of the raag. Though theoritically permitted, this may result in audience not being able to identify the raag. Only well-accomplished artists, who are established authorities, usually attempt tirobhaav.
Avirbhaav The act of an artist, having done tirobhaav for a while, returning to the known and characteristic phrases or patterns of theraag being performed. Tirobhaav having confused the audience, avirbhaav immediately gives them a sense of familiarity and identification of the raag. While tirobhaav hides the usual character of araag, avirbhaav brings it out. Tirobhaav not followed by avirbhaavis not generally prescribed.
Nyaas-swar The act of halting or staying on aswarin a composition, before taking the next swar.
Upaj When starting a performance, the artist presents the notes of the raag one by one, (using aakaar or sargam). The act of repeating and emphasizing aswarat this stage is called Upaj.
Barhat When starting a performance, the artist presents the swaras of the raag (using aakaarorsargam). The act of slowly and gradually introducing the swaras one at a time while weaving and establishing characteristic patterns of the raagis called barhat. For instance, when performing raag Yaman, the artist may first dwell on only Madhya Sa and Mandra Ni. Then introduce Mandra Dha, and dwell on Sa, Ni and Dha for a while. And then introduce Madhya Re, and so on.
 
 

 

© Copyright 2000-2003, SoundOfIndia.com. All rights reserved.

コーチ 財布 コーチ バッグ コーチ アウトレット コーチ メンズ コーチ 公式 コーチ 長財布 コーチ キーケース コーチ 財布 レディース コーチ 財布 メンズ コーチ 財布 レディース 長財布 コーチ 財布 ピンク アウトレット コーチ 財布 コーチ 財布 母の日 コーチ 財布 二つ折り コーチ 財布 花柄 コーチ 財布 2014 コーチ 財布 ランキング コーチ 財布 レディース 長財布 コーチ 財布 レディース 2014 コーチ 財布 レディース 二つ折り コーチ 財布 レディース 新作 コーチ 財布 レディース がまぐち コーチ 財布 レディース オレンジ コーチ 財布 レディース ランキング コーチ 財布 レディース アウトレット コーチ 財布 レディース 長財布 人気 コーチ 財布 レディース 公式 コーチ 財布 メンズ 長財布 コーチ 財布 メンズ アウトレット コーチ 財布 メンズ 二つ折り コーチ 財布 メンズ 青 コーチ 財布 メンズ ランキング コーチ 財布 メンズ Amazon コーチ 財布 メンズ ラウンドファスナー コーチ 財布 メンズ カモフラージュ コーチ 財布 メンズ グアム コーチ 財布 メンズ 楽天 コーチ 財布 ピンク エナメル コーチ 財布 ピンク ハート コーチ 財布 ピンク 二つ折り コーチ 財布 ピンク リボン コーチ 財布 二つ折り ピンク コーチ 財布 二つ折り がま口 コーチ 財布 二つ折り メンズ コーチ 財布 2014 新作 コーチ バッグ 斜めがけ コーチ バッグ アウトレット コーチ バッグ メンズ コーチ バッグ レディース コーチ バッグ 新作 2014 コーチ バッグ 人気 コーチ バッグ ピンク コーチ バッグ 花 コーチ バッグ レザー コーチ バッグ 中古 コーチ バッグ 斜めがけ 新作 コーチ バッグ 斜めがけ 2wayショルダー 28206 コーチ バッグ 斜めがけ ベージュ コーチ バッグ 斜めがけ 安い コーチ バッグ 斜めがけ ランキング コーチ バッグ 斜めがけ 小さい コーチ バッグ 斜めがけ レガシー コーチ バッグ 斜めがけ 2wayショルダー コーチ バッグ 斜めがけ レザー コーチ バッグ 斜めがけ エナメル コーチ バッグ アウトレット ピンク コーチ バッグ アウトレット 楽天 コーチ バッグ アウトレット メンズ コーチ バッグ アウトレット f49148 sbkbk コーチ バッグ アウトレット レディース コーチ バッグ アウトレット 赤 コーチ バッグ アウトレット レザー メンズ コーチ バッグ メンズ アウトレット コーチ バッグ メンズ トート コーチ バッグ メンズ 71104 コーチ バッグ メンズ カジュアル コーチ バッグ メンズ トンプソン コーチ バッグ メンズ ビジネス コーチ バッグ メンズ ショルダー コーチ バッグ メンズ ブリーカー コーチ バッグ メンズ ランキング コーチ バッグ メンズ 70248 コーチ バッグ レディース 人気 コーチ バッグ 人気 ランキング コーチ バッグ 人気 ランキング レディース 20 代 コーチ バッグ 人気 コーチ バッグ ピンク レザー コーチ バッグ レザー ショルダー コーチ バッグ レザー アウトレット コーチ バッグ レザー トートバッグ 24961 コーチ バッグ レザー トートバッグ 21926 コーチ バッグ レザー メンズ コーチ バッグ レザー マディソン コーチ バッグ レザー 斜めがけ コーチ バッグ レザー 茶 コーチ バッグ レザー 黒 コーチ バッグ レザー レガシー コーチ アウトレット 特別セール コーチ アウトレット バッグ コーチ アウトレット 公式 コーチ アウトレット ハワイ コーチ アウトレット 店舗 コーチ アウトレット 三井 コーチ アウトレット レイクタウン コーチ アウトレット 値段 コーチ アウトレット 財布 コーチ アウトレット メンズ コーチ アウトレット 特別セール 実施ストア コーチ アウトレット 特別セール 店舗 コーチ アウトレット バッグ レディース コーチ アウトレット バッグ メンズ コーチ アウトレット バッグ レザー コーチ アウトレット バッグ ショルダー コーチ アウトレット バッグ トート コーチ アウトレット バッグ 黒 コーチ アウトレット バッグ ピンク コーチ アウトレット バッグ オレンジ コーチ アウトレット バッグ 赤 コーチ アウトレット 店舗 関西 コーチ アウトレット 店舗 神奈川 コーチ アウトレット 店舗 福岡 コーチ アウトレット 店舗 仙台 コーチ アウトレット 店舗 北海道 コーチ アウトレット 財布 レディース コーチ アウトレット 財布 メンズ コーチ アウトレット 財布 ピンク コーチ アウトレット 財布 クローバー コーチ アウトレット 財布 リボン コーチ アウトレット メンズ バッグ コーチ アウトレット メンズ 店舗 コーチ アウトレット メンズ トートバッグ コーチ アウトレット メンズ コート コーチ アウトレット メンズ 長財布 コーチ アウトレット メンズ ショルダー コーチ アウトレット メンズ ベルト コーチ メンズ バッグ コーチ メンズ アウトレット コーチ メンズ 長財布 コーチ メンズ 財布 コーチ メンズ トートバッグ コーチ メンズ ショルダー コーチ メンズ バッグ アウトレット コーチ メンズ バッグ ショルダー コーチ メンズ バッグ ビジネス バイマ コーチ メンズ バッグ コーチ メンズ バッグ 斜めがけ コーチ メンズ バッグ 人気 コーチ メンズ バッグ トンプソン コーチ メンズ バッグ 迷彩 コーチ メンズ バッグ トート コーチ メンズ アウトレット 店舗 コーチ メンズ 長財布 アウトレット コーチ メンズ 財布 アウトレット コーチ メンズ 財布 人気 コーチ メンズ 財布 青 コーチ メンズ 財布 迷彩 コーチ メンズ 財布 口コミ コーチ メンズ 財布 74163 楽天 コーチ メンズ 財布 コーチ メンズ 財布 二つ折り コーチ メンズ ショルダー バッグ コーチ メンズ ショルダー ヘリテージ コーチ 長財布 レディース コーチ 長財布 メンズ コーチ 長財布 ピンク コーチ 長財布 白 コーチ 長財布 がま口 コーチ 長財布 黒 コーチ 長財布 レザー コーチ 長財布 シグネチャー コーチ 長財布 レッド コーチ 長財布 グレー コーチ 長財布 レディース ピンク コーチ 長財布 レディース エナメル コーチ 長財布 レディース リボン コーチ 長財布 レディース レザー コーチ 長財布 メンズ アウトレット コーチ 長財布 メンズ 人気 コーチ 長財布 メンズ ブラック コーチ 長財布 メンズ 黒 コーチ 長財布 メンズ ブルー コーチ 長財布 メンズ ラウンドファスナー コーチ 長財布 ピンク マディソン コーチ 公式 アウトレット 特別セール コーチ 公式 アウトレット ファクトリー コーチ 公式 アウトレット 財布 コーチ 公式 アウトレット インターネットセール コーチ 公式 アウトレット 店舗 コーチ 公式 アウトレット 長財布 コーチ 公式 アウトレット 特別セール インターネットセール コーチ 公式 アウトレット メンズ コーチ 公式 アウトレット トレンチコート コーチ 公式 アウトレット セール コーチ 公式 サイト コーチ 公式 財布 コーチ 公式 バッグ コーチ 公式 アウトレット 楽天 コーチ 公式 アウトレット 財布 コーチ 公式 アウトレッ コーチ 公式 ファクトリー コーチ キーケース レディース コーチ キーケース メンズ コーチ キーケース 花柄 コーチ キーケース アウトレット コーチ キーケース レディース アウトレット コーチ キーケース 赤 コーチ キーケース プレゼント コーチ キーケース レディース 人気 コーチ キーケース ハート コーチ キーケース ピンク コーチ ショルダーバック アウトレット コーチ ショルダーバック メンズ コーチ ショルダーバック 2way コーチ ショルダーバック レディース コーチ ショルダーバック ピンク コーチ ショルダーバック シグネチャー コーチ ショルダーバック 新作 コーチ ショルダーバック 黒 コーチ ショルダーバック 人気 コーチ ショルダーバック 大きめ コーチ トート メンズ コーチ トート レザー コーチ トート 花柄 コーチ トート キャンバス コーチ トート トンプソン コーチ トート ピンク コーチ トート バイマ コーチ トート ストライプ コーチ トート ハンプトン コーチ トート ショルダー コーチ ファクトリー オンライン ストア コーチ オンライン コーチ 安い コーチ 送料無料 コーチ バッグ 品質 コーチ バッグ オークション コーチ バッグ 最新 コーチ バッグ 安い コーチ バッグ 送料無料 コーチ 財布 品質 コーチ 財布 カラフル コーチ 財布 オークション コーチ 財布 安い コーチ 財布 割引 コーチ 財布 送料無料 コーチ アウトレット 品質 コーチ アウトレット オンライン コーチ アウトレット 安い コーチ アウトレット 割引 コーチ バッグ 斜めがけ カラフル コーチ バッグ 斜めがけ 安い コーチ 財布 レディース 最新 コーチ 財布 レディース 安い コーチ ショルダーバッグ オークション コーチ ハワイ 安い コーチ ファクトリー オンライン コーチ ファクトリーストア オンライン コーチ 鞄 安い コーチ トートバッグ オークション コーチ トートバッグ 安い コーチ トートバッグ メンズ オークション コーチ アウトレット バッグ 最新 コーチ 三つ折り財布 安い コーチ 公式 ファクトリー オンライン コーチ 公式 オンライン ストア コーチ 公式 オンライン コーチ キーケース 安い コーチ キーホルダー 安い コーチ キーホルダー オークション コーチ キーリング 送料無料 コーチ 長財布 オークション コーチ 長財布 安い コーチ タグ 購入 コーチ オンライン アウトレット コーチ オンライン ファクトリー コーチ オンライン ストア コーチ オンライン セール コーチ オンライン 福袋 コーチ オンライン カタログ コーチ リュック オークション コーチ 安い 理由 コーチ 安い なぜ コーチ 安い バック コーチ 安い ブランド コーチ 通販 安い コーチ セール オンライン コーチ セントジェームス vネック 購入 コーチ メンズ オークション コーチ メンズバッグ オークション コーチ 化粧ポーチ オークション コーチ ネクタイ オークション コーチ ノベルティ マグカップ オークション コーチ ストラップ オークション コーチ ダウン ベスト コーチ 財布 オークション 価格 コーチ ファクトリー オンライン セール コーチ ファクトリー ストア オンライン コーチ 品質 コーチ 財布 最新 コーチ 財布 ヤフー オークション コーチ 財布 送料無料 激安 コーチ アウトレット 購入 コーチ アウトレット オンライン アメリカ コーチ アウトレット 安い 理由 木更津 アウトレット コーチ 割引 コーチ アウトレット 送料無料 コーチ キーケース オークション コーチ キーケース 最新 コーチ 時計 品質 コーチ 時計 カラフル コーチ 時計 オークション コーチ 時計 最新 コーチ 時計 レディース 最新 コーチ 時計 安い コーチ メンズ オンライン コーチ メンズ 安い コーチ メンズ バッグ 安い コーチ 財布 メンズ 安い コーチ 鞄 品質 コーチ カバン カラフル コーチ 鞄 カラフル コーチ カバン オークション コーチ 鞄 オークション コーチ カバン 最新 コーチ かばん 安い コーチ ショルダーバッグ 安い コーチ ポーチ オークション コーチ ポーチ 最新 コーチ ポーチ 安い コーチ 新作 安い コーチ ショルダー オークション コーチ ショルダー 安い ハンドバッグ コーチ 安い ハワイ コーチ 購入 コーチ 革 品質 コーチ ファクトリー 品質 コーチ アウトレット品 品質 コーチ ファクトリー アウトレット オンライン コーチ 公式 ファクトリー オンライン ストア コーチ 傘 オークション コーチ かごバッグ オークション 三井アウトレット コーチ 安い 三井アウトレット コーチ 割引 コーチ マザーズバッグ 安い コーチ マディソン オークション コーチ マディソン 安い コーチ 手帳 安い グッチ バッグ グッチ 財布 グッチ アウトレット グッチ 店舗 グッチ 時計 グッチ ベルト GUCCI ネックレス グッチ キーケース グッチ 長財布 グッチ バッグ 人気 ランキング グッチ バッグ アウトレット グッチ バッグ レディース グッチ バッグ メンズ グッチ バッグ コピー グッチ バッグ トート グッチ バッグ 新作 2014 グッチ バッグ スーパーコピー グッチ バッグ 2014 グッチ バッグ アウトレット メンズ グッチ バッグ レディース 人気 グッチ バッグ メンズ ショルダー グッチ バッグ メンズ トート グッチ バッグ メンズ 人気 ランキング グッチ バッグ メンズ 中古 グッチ バッグ メンズ コピー グッチ バッグ トート メンズ グッチ バッグ トート ピンク グッチ バッグ 斜めがけ グッチ バッグ 新品 グッチ バッグ 種類 グッチ バッグ 美品 グッチ バッグ ナイロン グッチ バッグ トート グッチ バッグ 黒 グッチ 財布 レディース グッチ 財布 メンズ グッチ 財布 新作 2014 グッチ 財布 コピー グッチ 財布 レディース 人気 グッチ 財布 アウトレット グッチ 財布 新作 2014 メンズ グッチ 財布 2014 グッチ 財布 スーパーコピー グッチ 財布 価格 グッチ 財布 レディース 長財布 グッチ 財布 レディース 人気 グッチ 財布 レディース 折りたたみ グッチ 財布 レディース アウトレット グッチ 財布 レディース 新作 グッチ 財布 レディース 二つ折り グッチ 財布 レディース ピンク グッチ 財布 レディース 2014 グッチ 財布 レディース ファスナー グッチ 財布 レディース Amazon グッチ 財布 メンズ 長財布 グッチ 財布 メンズ 二つ折り グッチ 財布 メンズ アウトレット グッチ 財布 メンズ 三つ折り グッチ 財布 メンズ 人気 グッチ 財布 メンズ 安い グッチ 財布 メンズ ランキング グッチ 財布 メンズ ラウンドファスナー グッチ 財布 メンズ グリーン グッチ 財布 メンズ 中古 グッチ 財布 203550 グッチ 財布 メンズ ランキング グッチ 財布 ピンク グッチ 財布 GG グッチ 財布 スーパーコピー グッチ アウトレット 店舗 グッチ アウトレット 公式 グッチ アウトレット 財布 グッチ アウトレット マーク グッチ アウトレット メンズ グッチ アウトレット 佐野 グッチ アウトレット 関西 グッチ アウトレット 店舗 関西 グッチ アウトレット 通販 グッチ アウトレット 正規 グッチ 店舗 東京 グッチ 店舗 大阪 アウトレット グッチ 店舗 グッチ 店舗 埼玉 グッチ 店舗 池袋 グッチ 店舗 兵庫 グッチ 店舗 福岡 グッチ 店舗 仙台 グッチ 店舗 神戸 グッチ 店舗 神奈川 グッチ ベルト メンズ グッチ ベルト コピー グッチ ベルト レディース グッチ ベルト アウトレット グッチ ベルト メンズ 中古 グッチ ベルト スーパーコピー グッチ ベルト 値段 グッチ ベルト バックル グッチ ベルト 2013 グッチ ベルト 交換 グッチ キーケース メンズ グッチ キーケース レディース グッチ キーケース ハート グッチ キーケース アウトレット グッチ キーケース 新作 グッチ キーケース ネオンハート グッチ キーケース 人気 グッチ キーケース 小銭入れ グッチ キーケース 2014 グッチ キーケース ペア グッチ キーケース 赤 グッチ キーケース コピー グッチ キーケース 修理 グッチ キーケース リボン グッチ 長財布 レディース グッチ 長財布 メンズ グッチ 長財布 新作 グッチ 長財布 黒 グッチ 長財布 アウトレット グッチ 長財布 コピー グッチ 長財布 白 グッチ 長財布 人気 グッチ 長財布 赤 グッチ 長財布 中古 グッチ 長財布 ハート グッチ 長財布 メンズ 人気 グッチ 長財布 ggキャンバス グッチ 長財布 エナメル グッチ オンライン グッチ 安い グッチ 安い 国 グッチ 財布 オークション グッチ 財布 最新 グッチ 財布 安い グッチ 財布 割引 グッチ バッグ 品質 グッチ バッグ オークション グッチ バッグ 最新 グッチ バッグ 安い グッチ 時計 品質 グッチ 時計 オークション グッチ 時計 最新 グッチ 時計 安い グッチ 財布 レディース 安い グッチ アウトレット オンライン グッチ アウトレット 安い グッチ アウトレット 割引 グッチ 財布 メンズ オークション グッチ 財布 メンズ 安い グッチ 長財布 白 安い グッチ 長財布 オークション グッチ 長財布 最新 グッチ 長財布 安い グッチ ショルダーバッグ オークション グッチ ショルダー オークション グッチ シマ ショルダーバッグ オークション グッチ ファミリーセール 招待状 オークション グッチ 鞄 安い グッチ トートバッグ オークション グッチ 香水 安い グッチ 公式 オンライン グッチ イタリア 安い グッチ キーケース オークション グッチ キーケース 安い グッチ キーホルダー オークション グッチ キーリング オークション グッチ 切手 購入 グッチ ジャッキー オークション グッチ オンライン 公式 グッチ リング 安い グッチ リング 送料無料 人気順 激安 グッチ サングラス オークション グッチ サングラス 安い グッチ 安い 本物 グッチ 安い 靴 グッチ 指輪 安い グッチ チョコ オンライン グッチ ニュージャッキー オークション グッチ メガネフレーム オークション グッチ メンズ財布 オークション グッチ ソーホー オークション グッチ ソーホー バッグ オークション グッチ 腕時計 レディース 安い グッチ ウエストポーチ オークション グッチ ブレスレット オークション グッチ ブーツ オークション グッチ ネックレス オークション グッチ ネクタイ オークション グッチ ネクタイ 最新 グッチ ネクタイ 安い グッチ ネックレス メンズ オークション グッチ ストール オークション グッチ スカーフ オークション グッチ ボストンバッグ オークション グッチ レザートートバッグ オークション グッチ ダウン ベスト グッチ ベルト オークション グッチ ベルト メンズ オークション グッチ ベルト メンズ 安い グッチ バンブートートバッグ オークション グッチ バンブー オークション グッチ 財布 革 品質 グッチ 品質 グッチ ハワイ 安い グッチ 財布 品質 グッチ 靴 品質 グッチ アウトレット 品質 グッチ 革 品質 グッチ スーツ 品質 グッチ ファミリーセール オークション グッチ ファミリーセール 割引 オークション グッチ フローラ バッグ グッチ 鞄 オークション グッチ 時計 安い 理由 グッチ トートバッグ 安い グッチ アウトレット 購入 グッチ マフラー オークション グッチ マフラー メンズ 安い グッチ サングラス メンズ グッチ サングラス 2013 グッチ サングラス 3525 グッチ サングラス ケース グッチ サングラス コピー グッチ サングラス ハート グッチ サングラス レンズ交換 グッチ サングラス 新作 グッチ サングラス 中古 グッチ サングラス レディース グッチ 腕時計 メンズ グッチ 腕時計 レディース グッチ 腕時計 評判グッチ 腕時計 メンズ ya055212 グッチ 腕時計 電池交換グッチ 腕時計 修理 グッチ 腕時計 ya119506グッチ 腕時計 1500l グッチ 腕時計 GUCCI レディース腕時計 ya112521 グッチ 腕時計 レディース 人気 グッチ 時計 レディース グッチ 時計 メンズ グッチ 時計 ヨドバシ グッチ 時計 新作グッチ 時計 評判 グッチ 時計 6700lグッチ 時計 電池交換 グッチ 時計 スポーツ グッチ 時計 ピンク グッチ 時計 バングル トリーバーチ靴 トリーバーチ アウトレット トリーバーチ 財布 トリーバーチ バッグ トリーバーチ キーケース トリーバーチ サンダル トリーバーチ ハイヒール トリーバーチ フラット トリーバーチ 店舗 トリーバーチ コピー トリーバーチ トート トリーバーチ 長財布 トリーバーチ ショルダー トリーバーチ メンズ トリーバーチ ハワイ トリーバーチ iphone トリーバーチとは トリーバーチ 銀座 トリーバーチ レディース トリーバーチ クラッチ トリーバーチ靴 アウトレット トリーバーチ靴 安い トリーバーチ靴痛い トリーバーチ靴サイズ トリーバーチ靴 キルティング トリーバーチ靴セール トリーバーチ靴 コピー トリーバーチ靴中古 トリーバーチ靴 ハワイ トリーバーチ靴 口コミ トリーバーチ 財布 アウトレット トリーバーチ 財布 芸能人 トリーバーチ 財布 レディース トリーバーチ 財布 がま口 トリーバーチ 財布 バイマ 楽天 トリーバーチ 財布 トリーバーチ 財布 花柄 トリーバーチ 財布 店舗 トリーバーチ 財布 価格 トリーバーチ バッグ アウトレット トリーバーチ バッグ 安い トリーバーチ バッグ ネイビー トリーバーチ バッグ キャンバス トリーバーチ バッグ オークション トリーバーチ バッグ ベージュ トリーバーチ バッグ 店舗 トリーバーチ バッグ ナイロン トリーバーチ バッグ 人気 トリーバーチ バッグ 黒 トリーバーチ コピー バッグ 韓国 トリーバーチ コピー トリーバーチ コピー 見分け方 トリーバーチ コピー 靴 トリーバーチ コピー 財布 トリーバーチ コピー ブーツ トリーバーチ コピー 代引き エスパドリーユ トリーバーチ コピー トリーバーチ コピー ポーチ トリーバーチ アウトレット 木更津 トリーバーチ アウトレット 御殿場 トリーバーチ アウトレット 倉敷 トリーバーチ アウトレット 関西 トリーバーチ アウトレット 店舗 関東 トリーバーチ アウトレット 大阪 トリーバーチ アウトレット オンライン トリーバーチ アウトレット 店 トリーバーチ アウトレット 店舗 トリーバーチ アウトレット 本物 トリーバーチ 銀座 アクセス トリーバーチ 銀座 地図 トリーバーチ 銀座 トート トリーバーチ 店舗 東京 トリーバーチ 店舗 アウトレット トリーバーチ 店舗 大阪 トリーバーチ 店舗 横浜 トリーバーチ 店舗 兵庫 トリーバーチ 店舗 京都 トリーバーチ 店舗 埼玉 トリーバーチ 店舗 千葉 トリーバーチ 店舗 名古屋 トリーバーチ 店舗 神奈川 トリーバーチ ハワイ 値段 トリーバーチ ハワイ 安い トリーバーチ ハワイ ブログ トリーバーチ ハワイ アウトレット トリーバーチ ハワイ 店舗 トリーバーチ キーケース 人気 トリーバーチ キーケース レディース トリーバーチ キーケース アウトレット Amazon トリーバーチ キーケース トリーバーチ キーケース 2013 トリーバーチ キーケース 安い トリーバーチ キーケース ピンク トリーバーチ キーケース コピー トリーバーチ キーケース オレンジ トリーバーチ トート キャンバス トリーバーチ トート ミニ トリーバーチ トート 人気 トリーバーチ トート ベージュ トリーバーチ トート ナイロン トリーバーチ トート アウトレット トリーバーチ トート ブログ トリーバーチ トート 正規品 トリーバーチ トート ブラック トリーバーチ トート バッグ トリーバーチ 長財布 コピー トリーバーチ 長財布 オレンジ トリーバーチ 長財布 2013 トリーバーチ 長財布 アウトレット トリーバーチ 長財布 Amazon 楽天 トリーバーチ 長財布 トリーバーチ 長財布 価格 トリーバーチ 長財布 32119042 バイマ トリーバーチ 長財布 トリーバーチ 長財布 ラウンド トリーバーチ サンダル 2014 楽天 トリーバーチ サンダル トリーバーチ サンダル バイマ トリーバーチ サンダル ハワイ トリーバーチ サンダル リボン トリーバーチ サンダル サイズ トリーバーチ サンダル ウエッジ トリーバーチ サンダル 2012 トリーバーチ サンダル 2013 トリーバーチ サンダル 花 トリーバーチ フラット サンダル トリーバーチ ショルダー 2way トリーバーチ ショルダー ボーダー トリーバーチ ショルダー 赤 トリーバーチ メンズ 財布 トリーバーチ メンズ キーケース トリーバーチ メンズ 靴 トリーバーチ メンズ ビーチサンダル トリーバーチ メンズ サンダル トリーバーチ ハワイ 安い トリーバーチ オンライン トリーバーチ オークション トリーバーチ 安い トリーバーチ 安い 韓国 トリーバーチ 送料無料 トリーバーチ ブーツ 安い トリーバーチ バッグ 安い トリーバーチ バッグ オークション トリーバーチ バッグ オークション ヤフー トリーバーチ 財布 オークション トリーバーチ 財布 最新 トリーバーチ 財布 安い トリーバーチ 財布 送料無料 トリーバーチ アウトレット オンライン トリーバーチ 靴 オークション トリーバーチ 靴 安い トリーバーチ サンダル 安い トリーバーチ サンダル オークション トリーバーチ ポーチ 安い トリーバーチ ショルダーバッグ オークション トリーバーチ 鞄 安い トリーバーチ カーディガン オークション トリーバーチ 韓国 安い トリーバーチ キーケース 安い トリーバーチ 長財布 安い トリーバーチ オンライン 日本 トリーバーチ 安い 国 トリーバーチ ニューヨーク 安い トリーバーチ ムートン オークション トリーバーチ エスパドリーユ オークション トリーバーチ ビーチサンダル オークション トリーバーチ 品質 トリーバーチ 安い 本物 トリーバーチ 安い なぜ ハワイ 買い物 トリーバーチ ハワイ 買い物 ブログ トリーバーチ トリーバーチ トート オークション トリーバーチ トート 安い トリーバーチ アウトレット 安い トリーバーチ アメリカ 安い 香港 買い物 トリーバーチ トリーバーチ 香港 安い トリーバーチ 公式 オンライン